小説執筆サイトを作りました。

小説執筆サイトを作りました。ぱわふるうぇぶどら!
URL:https://webdora.net

小説投稿サイトというと「小説家になろう」などが既にありますが、以下の機能がどうしても欲しかったので創りました。

  • 縦書き
  • 自動電子出版
  • Kindleでも読める
  • 何回でもストーリーを分岐可能
  • リアルタイムな合作に適した執筆システム
  • 執筆のハードルを極限まで下げた執筆システム
  • 「続きが読みたい」と思ったら誰でも続きを書けるシステム

どんな感じかは以下の動画を見てください。2つとも1分半未満の動画です。

アイディアの発端はPerl/CGIの「WeB DoRaMa」(作:Shigeto Nakazawa)及び、その派生版である「ドラまんぼ」(作:Tacky’s Room)です。自分が中学生ぐらいのときに、「WeB DoRaMa」の無料のレンタルサービスがあって、そこで某アニメのウェブドラマを設置していました。そのウェブドラマにはそこそこのアクセスがあって、広告収入で有料のレンタルサーバーをなんとか借りることができるほどでした。高校生ぐらいのときに「ドラまんぼ」を改造して過去ログとストーリーのあらすじを表示するようにしたところ、さらにアクセスが増えて、とんでもないスピードでストーリーが作られていく様子を目の当たりにしました。当時、そのウェブドラマを手作業で編集して小説化するという作業をしていたのですが、手に負えない状態になってウェブドラマは一時的にやめました。もっと効率よく、そしてオリジナル作品で同様のことができる方法を模索しながら月日は流れ、ようやく今になってできました。

公開したのはいいけど、どうやって人を集めるかが問題です。人が集まったときの面白さはとてつもないので一緒に遊びませんか? これ以上Webがつまらなくなっていく様子を見るのは辛いので、なんとかWebを面白くできればと思っているのですけどね。

あの、ストーリーがリアルタイムで紡がれていくときの「ワクワク」をぜひとも共有したい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。