Perl Data Language 統計編 #11 「対数近似曲線を引く」

Perl Data Language 統計編 #11 「対数近似曲線を引く」ぱわふる変数の個数xと計算時間yとの間に「y = b + a log_10 x」の関係があるときに、5個のデータで対数近似曲線を引く問題です。

「X = log_10 x」、「Y = y」とおいて「Y = b + aX」の形にすると解けます。

図は

  • 青の点:データの散布
  • 赤の折れ線:対数近似した折れ線
  • 緑の曲線:対数近似した曲線

を表しています。

対数近似曲線


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。