Perl Data Language 統計編 #09 「回帰直線を引く」

Perl Data Language 統計編 #09 「回帰直線を引く」ぱわふる統計検定から少し寄り道して、「マンガでわかる統計学[回帰分析編]」の回帰直線を引くコードを書いていました。

最高気温とアイスティーの注文数のデータに対する回帰直線です。

一方向性の因果関係を想定する場合、散布図は、X軸に原因系の変数をとってY軸に結果系の変数をとったものにするようです。

回帰直線

追記:
olsメソッドの戻り値のy_predに予測値が入っているので、それを使うほうが効率いいですね。戻り値はPerlのコンテキストに応じて変わります。

出力される図は全く同一です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。