Perl Data Language 統計編 #08 「系列相関とコレログラム」

Perl Data Language 統計編 #08 「系列相関とコレログラム」ぱわふるデータは↓の「第2章/本文/Salary.data」
http://www.tokyo-tosho.co.jp/download/DL02122.zip

系列相関の式を見るだけでは分かりづらいので、PDLで計算&グラフ描画です。

実行にも時間がかかるようになってきましたが、計算結果をハッシュとかでメモするなどの高速化の余地はあります。

統計検定のテキストによると、縦軸を系列相関、横軸を時間差にしたものをコレログラムというらしい。テキスト通り、6ヶ月差と12ヶ月差で周期性が見られました。

コレログラム

ちなみに、「PDL::Stats」のメソッドでやると↓のようになりました。系列相関係数の定義式が本によって違うんだけど、とりあえず統計検定2級のテキストに従っておけばいいのだろうか。

correlogram


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。