ラッキー・クッキー・Perl(R)で因子分析

ラッキー・クッキー・Perl(R)で因子分析ぱわふる目開いている間中勉強して、なんとか因子分析を手計算(一部省略したところもあるが)でできるところまでやりました。で、こんなん手計算でやってたら手がバグるわというわけで無料のR!そしてこれのPerlインターフェース「Statistics::R」があったので、いろいろ遊んでみました。

データは高津ルイちゃんの本のアンケート結果(5段階評価)。

以下のようなPerlのプログラムを書くと、

以下のように2因子が妥当な結果になりました。(ちなみに因子数3個でやると第3共通因子がどの観測変数にも影響をあまり及ぼしていないという結果になりました。)
累積寄与率は78.7%で良い感じ。

回転はプロマックスでも大体似たような結果になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。