What does TOEIC stand for?

What does TOEIC stand for?ぱわふる野球サークルの試合が中止になって若干の余裕ができて TOEIC #201 を受けてきました。

勉強時間はおよそ5日間で、文法特急 青・白・深緑を完璧にして、公式問題集6の練習問題1のリスニングだけこなしました。研究とゼミで手が離せず、ひどい準備不足。ベトナム人が80%ぐらいを占める研究室に所属していますが、ベトナム人よりもネイティブ・スピーカーの英語のほうがワンランク上の速度なんだと認識させられました。

今回のTOEICのリスニングは非常に悪い感触でした。リーティングは10問ぐらい塗り絵でしたが、取るべきところは取れたような気がします。点数にすると L:340前後、R:360前後ぐらいの感触(全然違う点数の可能性も大いにありますが)。

7月は修了のための勝負の月。英語で修士論文を書いて英語で修士論文の発表をするため、8月7日のTOEICが本番という感覚であります。

今後受けたい検定試験は

  • 心理学検定 2級
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 日本語検定 1級
  • 色彩検定 2級
  • ビジネス実務法務検定 2級
  • 日商簿記検定試験 3級
  • データベーススペシャリスト試験
  • 統計検定 準1級
  • 心理学検定 1級

利用者に楽しんでもらえるものを創るには心理学は外せないし、小説扱うのに充分な日本語の知識があるか確認したいし、Webデザインするなら色を扱えないと苦しいし、多少は法律の知識がないと自分を守れないし、簿記は企業の状態を知るのに役立ちそうだし、統計学はコンピュータサイエンスで大いに役立つし、ネットワークスペシャリストとデータベーススペシャリストは常識でしょうし……などと考えていると、とんでもなく忙しいスケジュールになってしまいました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。