フォーマルな英語を書く方法

フォーマルな英語を書く方法ぱわふる指導教員(外国人)にメールを送る前に自分が書いた表現はフォーマルなのかどうかを調べて毎度かなり時間をとられるのでここにまとめておきます。

フォーマルな英語とインフォーマルな英語の違いは以下の通り

  • word choice
  • word usage
  • gramatical structure

フォーマルな英語を書くのに必要なことは以下の通り。

  1. 句読点 (punctuation) を正しく使う(&はandと書くなども)
  2. ありふれた口語単語や口語表現を避けよ(movie は film にするなど)
  3. 短縮形を使うべからず(can’t は cannot にするなど)
  4. 一人称と二人称を避けるように試みる(主観が入らないように)
  5. 文をcoordinate conjunction (And, But, So, Or) などで始めない
  6. 常套句は避けよ
  7. ステージディレクションを避けよ
  8. 曖昧な単語を避けよ(a few, enough など)
  9. 関係代名詞を省略するな

7のステージディレクションってなんのこっちゃと思って調べましたが、要するに「I am writing to you to ask you …」とか書かず、もっと簡潔に伝えたいことを伝えればいいようです。

9は「that」の使用は避けて「which」「whom」「who」を使うほうがいいようです。

それぞれの詳細は以下のURLを参照してください。
http://www.wikihow.com/Avoid-Colloquial-(Informal)-Writing

以下の動画も参考になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。