ゅぃぼっとをTwitterに移植

ゅぃぼっとをTwitterに移植ぱわふる特に深い意味はないけどTwitterに「ゅぃぼっと」の機能をフルに備えたものがなかったので移植してみました。
IDは「@_yui_bot_」です。
初めて触れた人工無脳がこの「ゅぃぼっと」で、Webサイトに設置して訪問者と遊ばせたりしたこともあって思い入れが結構強いです。
まあ大抵は「エロワード」ばっかり教えこまれて人格崩壊するんですが。(^_^;)

勝手に、ゅぃぼっと友の会」によると、1997年3月末に「ゆい」さんが正式公開したらしい。

主な仕様は

  • 辞書に従って返信してくれる
  • 「キーワード===答えさせたい言葉」で教育できる
  • 「おみくじ」と発言すると巫女が出てきて占ってくれる

という感じです。

Perlはバリバリ読める&書けるようになったので、毎度おなじみの「AnyEvent::Twitter::Stream」「Net::Twitter::Lite」などで移植。

さすがに巫女出すのは面倒だったので、「ゅぃ」がそのまま「おみくじ」を担当します。

教育は例えば「@_yui_bot_ おっぱい===NAMEさんの変態///」とツイートすると自動で学習して、次に「@_yui_bot_」に「おっぱい」とツイートすると「NAMEさんの変態///」と返信します。

NAMEの部分は「ゅぃ」からツイートを受け取る人のTwitter上での名前に置き換わります。

にしても、Twitterって人工無脳にとっては最高の場ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。