Logwatch で Date::Manip unable to determine TimeZone が出た時の対処法

Logwatch で Date::Manip unable to determine TimeZone が出た時の対処法ぱわふるとりあえず、rootになって現在のタイムゾーンを確認します。

正常ならば、「Asia/Tokyo」とか出力されます。

ここで自分の場合は、以下のエラーが出ました。

そのため、「cpanm YAML::Syck」でYAML::Syckをインストールしました。(cpanm がないなら「cpan YAML::Syck」でOK)
これで自分の場合はエラーが解消されました。

「Date::Manip::TZ」のドキュメントによると、↓の順番でチェックするようなので、出力がおかしかったら妥当なタイムゾーンが出力されるまでいじりましょう。

詳細は↓
http://search.cpan.org/~sbeck/Date-Manip-6.42/lib/Date/Manip/TZ.pod#DETERMINING_THE_SYSTEM_TIME_ZONE


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。