コミュ障(?)が行く合宿免許

コミュ障(?)が行く合宿免許ぱわふる通学より安いということでホイホイ石川県の自動車教習所に合宿で行って帰ってきて運転免許証ゲットだぜってというところです。

1日目は暴風雪予報だったか、夜あたりから天気が荒れてきて激しい落雷で寮が揺れて天井で凍死してた蜘蛛が落ちてきたり・・・。
とにかく小バエが多くて、1日目の夜からだけで6,7匹は殺したような気がします。

その後の日も外が氷点下なのに日が窓に当たると家の中にでかいカメムシが入ってきたりで虫嫌いの自分には居心地が良いものでなかった。外が氷点下でこの虫の量なら夏場とかどうなるんだ!?とにかく虫に近づくのも嫌な自分が石川県に住むには虫取り網は必須だと感じた。(JAISTは石川県にあるのです)

寒さは厚着していったのでそこまでって感じ。大阪の氷点下は痛い寒いけど、石川県の氷点下はやわらかい寒いというか何か寒さの性質が違うように感じた。(帰ってきてからすぐに髪切ったからか?)

食事は最初の夕食がまさかの「すき焼き」でおいしかった。その後も昼食と夕食は自動車教習所の寮の割には満足のいくものでした。

暇潰しにTOEICの問題集持ってきたけど、とてもそんなんやる余裕はありませんでした。

仮免学科試験で1回落ちて、卒検(技能)で2回落ちて7日ぐらい卒業が遅れました。(汗)

仮免学科試験は650問どれだされても正答できるようにするだけでは合格できなかったので1300問どれだされても正答できるレベルまで勉強してようやく合格しました。毎回受験者の半分以上落ちてたし、勉強せずに合格するのは極めて難しいように感じましたね。

卒検は、1回目はなぜか停止線を超えて落ちて、2回目は目線だけで安全確認してしまって教官から安全確認してないことにされて落ちました。
3回目は縦列駐車の仕方を一部完璧に忘れてたところがあったけどオマケで(?)合格みたいな感じ・・・。

あまり良くない脳みそでも真剣にやってるのにキツ目の口調で注意されるのは嫌なもんですな。何の理由もなく唐突に「生きてる価値ない」だの言われ続けた昔と比べてしまうとどーってことはないのですが。

大阪で受けた本免許の学科試験は仮免許学科試験より遥かに簡単で一発で合格でした。(合格率は90%超えてるぐらい)

いろんな人と出会ったけど、教官も含めても良い人ばっかりやったかな。

あと新聞読むが習慣があるので石川県でも読んでたけど、「花咲くいろは」の宣伝が凄かった。
ぼんぼり祭りとかちょっと行ってみたいですね。「ホビロン」とか通じるのかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。