社会不適合者の就活が終わりました。

社会不適合者の就活が終わりました。ぱわふる精神的に殺されるかと思うほどの暴言に長期間さらされ、おかしくなってしまいました。なんとか人間でいられたのは、「野球」で最低限のつながりがあったからです。

どうすれば元の自分に戻れるのかと思っていろいろと本を読むと、さっさとカウンセラーに相談せよと書いてあったので、その指示に従って学内のカウンセラーに相談。精神科病院を紹介してもらって処方してもらった薬を飲んでも改善は見られませんでしたが、学内のカウンセラーから「認知行動療法」を伝授してもらって、ようやく楽になれました。認知行動療法という一生役に立つ考え方を教わって、Big Fiveにも以前から興味があったのもあって、心理学について詳しく学びたいと思うようになりました。

就活は、ずっとやってきたWebプログラマになりたいという想いを抱きつつ、あまり視野を狭めないようにして行いました。説明会は学内の説明会とA社の逆求人イベントとこちらからうかがった2社で20社以上受けましたが、内定が出ても行かない企業の選考を受けるのはお互いにとって無駄だと思って、選考を受けたのはD社とP社の2社のみでした。D社は1次面接が免除で、2次面接はP社を受けないのと言われたのが気になりつつも通過で、最終面接で遠回しにP社をお薦めされる形でお祈り。「P社ってイラストしか扱っていないんでしょ?」とか思い込んでいたときに参加したA社の逆求人イベントでP社と出会って、小説に興味ある人キボンヌということで、それなら自分がピッタリじゃないかということで選考を受けたら順調に通っていつの間にか内定。すごいめぐり合わせに驚嘆しました。D社の2次面接とA社の逆求人イベントと修士論文の中間発表が並んでいて、A社の逆求人イベントはキャンセルしようかと思ったこともありましたが、キャンセルしていたら今頃どうしていたことだろうか。いや、その前に半年休学して小説のことを詳しく調べてWebアプリを創っていなかったら、P社とは無縁だったのではないだろうか。

そんなこんなで社会不適合者の就活は運良く成功裏に終わったのでした。

Acaricの逆求人イベントは、「自分はこういう人間でこういうことをしてきてこういうふうに感じたので今後はこういうことをしていきたいです」って売り込めば「それならうちに来ませんか?」と企業側が言ってくれてミスマッチが極めて発生しづらいため、何か創った経験があるなら参加されることを強くオススメしたいです。

長いこと一般人に楽しんでもらうためにプログラミングしてきて、「たくさんのいい思い出ができた」「このサイトに出会えて本当に良かった」「一生の思い出です」などのコメントをいただいて、仕事でも、プログラミングで一般人に楽しんでもらえるようなものを創れればどんなに素晴らしいことだろうかと思っていました。それが実現してしまって、こんなに嬉しいことはありません。一般人が創作を楽しめるインターネットを目指して力を尽くす所存であります!

志望企業に行けたのは以下が大きいでしょうか。

  • 他者(カウンセラー)に助けを求めた。
  • 自分の幸せじゃなくて、みんなの幸せを考えた。
  • 自己破産のあと、狂ったように働く親の姿を見てきて、エネルギーをもらった。
  • 人間の家にゴキブリが住んでいるのかゴキブリの家に人間が住んでいるのかという家に住んで、しっかり働いて再度こうなるのはなんとしても避けなければならないという思いがあった。

あとはほんの少しの勇気と努力です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。