修論中間審査と就活と……

修論中間審査と就活と……ぱわふるD社は技術アピール(5000行超えてるかな?という程度の規模のWebアプリケーション)で応募して、1次面接免除で2次面接からになりました。自分は、暇があればプログラミングで何か創ってきたので、自己紹介や志望動機以外では、それらを創った動機・想いなどを淡々と語るだけの素直な面接になりました。2次面接は無事に通過して、最終面接……の前にA社が開催している逆求人イベントに参加しました。

京大勢もその逆求人イベントに複数人参加していたけど、自分は大学入ってからも浪人時代の勢いで勉強・研究に打ち込んできたおかげか、資格面・プログラミング面でもまったく京大勢に劣っていないことが分かって少し嬉しかった。そして、京大勢でも将来やりたいことが全然ハッキリしていないことが分かって意外でした。(ハッキリしていたら逆求人イベントに来る意味もないだろうか?)

自分は「予期せぬ企業との出会い」を求めてその逆求人イベントに参加しました。30分(その内、最初の5分は学生がプレゼン) x 8セットを回した結果、P社と予期せぬ出会いがあって、参加したかいがありました。そして、予想通り、「GREE」や「DeNA」は自分がやりたいこととマッチしていないことが分かりました。

この逆求人イベントの3日後がD社の最終面接でした。2次面接時以上に和やかな雰囲気で素直な面接でした。逆求人イベント時に出会ったP社を遠回しにお勧めされて嫌な予感はしていましたが、やっぱり落ちました。最終面接で落とされたD社よりもP社のほうが適合度は高いけど、本当に就職できるのか不安になってきますね。

最終面接の2日後の2月19日は修論の中間審査でした。スライドも口頭発表も全部英語なので準備が少し大変でしたが、明け方まで英語の発音の練習をして、なんとかこなせました。

↓が英語でプレゼンする上で役に立ちました。(やや高価なのが玉に瑕)

国際学会Englishスピーキング・エクササイズ口演・発表・応答
国際学会Englishスピーキング・エクササイズ口演・発表・応答


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。