カテゴリー別アーカイブ: 英語

TOEIC #201 の結果

勉強時間はおよそ5日間で、文法特急 青・白・深緑を完璧にして、公式問題集6の練習問題1のリスニングだけこなして720点でした。日本人2人しかいない研究室にいてもTOEICのスコアが落ちてしまうので、広告でよく見る「聞き流して英語力アップ」は困難でしょう。

TOEIC スコア

東北大学の院試時の765点をピークにジワジワと下降。内定先では英語はあまり使わないと聞いていますが、修士卒としては、800点ぐらいはとって洋書でITの知識を更新したいところです。

修士論文(英語)の提出の締め切りが8月6日で、そこから論文発表(英語)で8月7日以降もまだまだ英語力が伸びると思うので、9月13日のTOEIC 公開テストも受けたい。しかし、まだまだ創りたいWebアプリケーションもあるし、Clojureで機械学習の洋書も読みたいし、検定ばかりに時間を費やすのも勿体無いかと悩んでいます。

What does TOEIC stand for?

野球サークルの試合が中止になって若干の余裕ができて TOEIC #201 を受けてきました。

勉強時間はおよそ5日間で、文法特急 青・白・深緑を完璧にして、公式問題集6の練習問題1のリスニングだけこなしました。研究とゼミで手が離せず、ひどい準備不足。ベトナム人が80%ぐらいを占める研究室に所属していますが、ベトナム人よりもネイティブ・スピーカーの英語のほうがワンランク上の速度なんだと認識させられました。

今回のTOEICのリスニングは非常に悪い感触でした。リーティングは10問ぐらい塗り絵でしたが、取るべきところは取れたような気がします。点数にすると L:340前後、R:360前後ぐらいの感触(全然違う点数の可能性も大いにありますが)。

7月は修了のための勝負の月。英語で修士論文を書いて英語で修士論文の発表をするため、8月7日のTOEICが本番という感覚であります。

今後受けたい検定試験は

  • 心理学検定 2級
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 日本語検定 1級
  • 色彩検定 2級
  • ビジネス実務法務検定 2級
  • 日商簿記検定試験 3級
  • データベーススペシャリスト試験
  • 統計検定 準1級
  • 心理学検定 1級

利用者に楽しんでもらえるものを創るには心理学は外せないし、小説扱うのに充分な日本語の知識があるか確認したいし、Webデザインするなら色を扱えないと苦しいし、多少は法律の知識がないと自分を守れないし、簿記は企業の状態を知るのに役立ちそうだし、統計学はコンピュータサイエンスで大いに役立つし、ネットワークスペシャリストとデータベーススペシャリストは常識でしょうし……などと考えていると、とんでもなく忙しいスケジュールになってしまいました!

2回目のオンライン英会話

の前に「MASTERING THE AMERICAN ACCENT」をやっていました。

Mastering the American Accent
Mastering the American Accent

trが「チュ」に近い音でdrが「ジュ」に近い音で発音することは習っていましたが、「Holding Final Stops」「held t」「silent t」「fast d」あたりは知らなくて目からうろこでした。

日本人だけじゃなくフィリピン人の発音のここがダメとかも書いてあるので、フィリピン人が多いオンライン英会話でも参考になりそうです。

今日はこちら側からは教材を特に指定せず、初級のレッスン01をすることになりました。(教材が簡単すぎたので、こちら側から指定したほうがよかった。)難なく進んでまたしてもアッという間に終了。フリートーク中は、「大阪ドームって何?」と聞かれてアウアウしちゃいました。「facility」という英単語が出でこなくて、「sports place … baseball is played」とか答えて何とか伝わったっぽい(?)。緊張と焦りで脇汗が伝ってきました。

これで無料体験2回分は終了。今以上に英語を学ぶのにいい期間はもうないかもしれないので有料コースにいきたいとは思っていますが、初対面の方と話すのまだ慣れませんね。(汗)

DMM英会話でコミュ力UP大作戦!

日本人2人に対して外国人9人という研究室で英会話ができないと議論もしにくい訳でDMM英会話を体験してみました。

レッスンが始まるまで不安で仕方なかったため、英語の発音の本で発音を復習して、便利そうな表現をルーズリーフに書き込んで準備しておきました。

講師は経験3年以上の慣れていそうな女性を選択して、教材はTOEIC 600点から860点の人向けの中級(Intermediate)を選択しました。

自己紹介から始まって、ごく簡単なDMM英会話の説明を受けた後は「Lesson 01」を進めていって、アッー!という間に終了。

気づいたこと↓

  • 聞き取れずに答えに窮したときに「Would you mind repeating that?」とか言えばよかった。(フリーズしてしまうのはよくない癖です……。)
  • 講師の「can’t」の発音が「かんと」だった。(「ア」と「エ」の中間音には聞こえなかった。)
  • 教材は完璧に予習しておいて、英会話では疑問点を訊くのに集中したよさそう。

無料体験は残り1回。予習復習をしっかりして、いいレッスンを受けるぞ!

修論中間審査と就活と……

D社は技術アピール(5000行超えてるかな?という程度の規模のWebアプリケーション)で応募して、1次面接免除で2次面接からになりました。自分は、暇があればプログラミングで何か創ってきたので、自己紹介や志望動機以外では、それらを創った動機・想いなどを淡々と語るだけの素直な面接になりました。2次面接は無事に通過して、最終面接……の前にA社が開催している逆求人イベントに参加しました。

京大勢もその逆求人イベントに複数人参加していたけど、自分は大学入ってからも浪人時代の勢いで勉強・研究に打ち込んできたおかげか、資格面・プログラミング面でもまったく京大勢に劣っていないことが分かって少し嬉しかった。そして、京大勢でも将来やりたいことが全然ハッキリしていないことが分かって意外でした。(ハッキリしていたら逆求人イベントに来る意味もないだろうか?)

自分は「予期せぬ企業との出会い」を求めてその逆求人イベントに参加しました。30分(その内、最初の5分は学生がプレゼン) x 8セットを回した結果、P社と予期せぬ出会いがあって、参加したかいがありました。そして、予想通り、「GREE」や「DeNA」は自分がやりたいこととマッチしていないことが分かりました。

この逆求人イベントの3日後がD社の最終面接でした。2次面接時以上に和やかな雰囲気で素直な面接でした。逆求人イベント時に出会ったP社を遠回しにお勧めされて嫌な予感はしていましたが、やっぱり落ちました。最終面接で落とされたD社よりもP社のほうが適合度は高いけど、本当に就職できるのか不安になってきますね。

最終面接の2日後の2月19日は修論の中間審査でした。スライドも口頭発表も全部英語なので準備が少し大変でしたが、明け方まで英語の発音の練習をして、なんとかこなせました。

↓が英語でプレゼンする上で役に立ちました。(やや高価なのが玉に瑕)

国際学会Englishスピーキング・エクササイズ口演・発表・応答
国際学会Englishスピーキング・エクササイズ口演・発表・応答