カテゴリー別アーカイブ: 雑記

コツコツ努力して道を切り開くしかない

頭が良くない上に人付き合いも下手なので。😓

今日は、情報セキュリティスペシャリスト試験の合格発表日。今回落ちると2回目の午前I試験免除の取り直しになるところでしたが、午前II:72点・午後I:69点・午後II:70点で無事に合格しました。大学2年次の春の試験という比較的早いと思われる時期に応用情報技術者試験に合格したのですが、実力が伴っていなければ意味がないと思って、大学4年ぐらいまではWebアプリを作ったりCPAN(Perl)ライブラリを作ったりWeb系のアルバイトをしたりTOEIC受けたり院試勉強したりの日々でした。

浪人してFラン大などと揶揄される大学(自分で勉強できる方にとっては学費面以外ではそこまで悪い大学ではないと思っていますが)に入学してから溢れんばかりのやる気で勉強して旧帝国大学の院試に合格してM1の終わり頃に休学してIPA未踏に挑戦して最終審査には落とされつつも提案書のプログラムをひと通り完成させて就活して内定をもらってここまで来ましたが、さすがに疲れがドッと出てきているところです。

最近は、やや燃え尽き気味で生活リズムも乱れていましたが、「合格」の2文字を見てまだまだ頑張って食いっぱぐれないようにしなければと気持ちを引き締めました。

新聞を読んで世界を広げよう

小学生の頃から継続して新聞を読んでいましたが、院生になってからは金欠で購読していませんでした。今年の1月から就活に備えて購読して、就活に関係なく、やはり新聞は必要だという結論に至りました。

新聞の日本語は見ていると落ち着きますし、新聞を読むと予期せぬ出会いがあって自分の世界が広げられるのがいい。ネットのニュースは、新聞よりも最新・マニアックな情報を得たり、いろいろな方の本音に近い意見を見れるのがいいのですが、興味の範囲を広げるのには不向きなきらいがあるように感じられます。

どちらが不要かという考えはなくて両方を活用しています。

新聞を読んでいると「これをウェブサービスにすると面白いのではないか」とか(就職したら)「仕事で活かせそうだ」と感じる記事にまれに出会うので「スクラップブック」が必要だと感じて購入しました。

コクヨ スクラップブック タテ A3 ラ-43
コクヨ スクラップブック タテ A3 ラ-43

どのサイズのスクラップブックが新聞紙のスクラップにいいのだろうかと悩みましたが上のA3でピタリンコでした。

2015-03-07 01.41.53

ちなみにSPI総合検査などの模試は語彙力向上に新聞を勧めてきますが、語彙力向上目的なら常用漢字かどうかを気にしない小説のほうが効果があります。

Python勉強メモ#4「ベンチマークをとれ」

PyPIにある「Benchmarker」を利用。
コードはひらがなリストを作る処理です。
リスト内包表記が最速でした。

ワクワクが生きがい

Webは便利にはなったけど、ワクワクできなくなってしまいました。無駄に歳を重ねてしまったのでしょうか……。ワクワクできる場を創造しようと3ヶ月x12時間ぐらいかけて小説合作サイトを創りましたが反応は薄い。いや、むしろアクセス自体が少ない。検索結果の順位は確実に上昇しているにも関わらずで、かつ、アクセスがあってもまともに青空文庫の作品すら見ずに去るところをみると、小説に興味がある人自体が少ないのではないかと推察されます。自分1人で小説を書くにしても、人生経験が貧弱で売れるように思えない。心理学検定をとってしまって退屈すぎて仕方ないというあり得ない状況になれば、こっそりとリアルな心を描いてみたいものですが。

もはや個人が一般人をワクワクさせるものをWebで創れる時代ではなくなってしまったのかと悲嘆にくれていました。就職もWebに関わらないところも考えていたほどに。でも、こんなツイートみたら何度でも挑戦したくなってしまうのです。

こういうのを見てしまうと、中々WebやBtoCから抜け出せなくなってしまいます。少なくともユーザーの反応が見える(あるいは文字列として読める)ところじゃないと就職したくない。ユーザーと一緒に自分が創ったもので楽しめるのが至高。

11月28日のTOEICは受けずに自己分析と業界研究を重ねていました。ゲーム業界も調べましたが、開発費の高騰による失敗できない状況では面白いものは生まれにくいでしょうし、少子化の影響でこちらも厳しそうですね。電子書籍界隈も調査して、なんとか3社ほどエントリーしようかという企業を見つけました。こういう企業が発展するためにはリア充カップルに日本の子どもを増やしてもらわねばなりません。移民という考えもあるようですが、谷崎潤一郎の『文章読本』を読むと日本人に移民は合わないと思えます。(おそらく日本という名前の別の国になってしまいます。)

最近のこと

10月19日の情報セキュリティスペシャリスト試験は当日2時間ぐらいの勉強で挑んだのですが、さすがになめすぎで午前IIで1問差で落ちました。
午後IIはDOMベースXSSとかHSTSとかわりと最近の話題も出て面白かった。HSTSはちょうど試験の1ヶ月前ぐらいにnginxで設定して、最新版のIEですら対応していないのを確認していて余裕でした。しかし、午前IIで落ちては意味がありません。(午後Iも試験の途中でトイレに行ってたら時間が足りなくなったのですが・・・)

次で午前Iの免除が切れるので、次回はみっちり勉強して挑みます。

昨日は、この前創ったWebアプリケーションを Mashup Awards 10(Webアプリケーションのコンテスト)に応募していました。人前で話す練習をするいい機会だと考えて「Mashup Battle」(作品について5分でプレゼンするらしい)にも応募。休学中はトラウマを克服するのも目標だったので精神科で薬をもらっていたのですが、1回目の服用時以外はほとんど効果がありませんでした。こういうところでコツコツ経験を積んでいくしかないのだろうか。

研究室のボスにはいろいろ無理を聞いてもらったので、今後当分の間はボスに従って研究に専念する予定です。