カテゴリー別アーカイブ: 大学

2016年

両親自己破産&全国模試の偏差値30台&精神ボロボロの半壊人間状態から、頭を鍛えて、認知行動療法でいくらか精神を回復させ、10月に正社員になってここまで生きることができました。

大学院入学から2015年の9月まで学内のカウンセラーの先生に助けられすぎた。あいにく自分はカウンセラーの先生のように言葉をもって他人を助けるということが中々できないので、心理学もよく学びつつ、技術で人生に悩める誰かを助けたい。

2015年は、検定試験は、「情報セキュリティスペシャリスト」にようやく合格して、「心理学検定」は1科目受験1科目合格で、「日本語検定」は惨敗という結果でした。

IPA未踏に協力してもらってコーパスを作ろうと思っていた研究は、IPA未踏の最終審査に落ちつつも、独りで粘っていましたが、うまくいかず、補助アプリケーションである「すごい名前生成器」のほうがバズるという予想外の現象が起きました。結局、小説の話者を推定する(小説ではカギカッコの話者が明示されていないため)研究への方針転換を余儀なくされましたが、時間とやる気が足りなくて、サーベイ論文のような格好となって修了してしまいました。

9月末の修了後は、息をつく暇もなく東京へ行って正社員として仕事。これまで独学してきたことがフルに活きて感動を覚えました。

健全な精神を保つことも重要だと考えて、ペットを買って、草野球チームにも入れてもらいました。この草野球チームのメンバーがいい人ばかりで、幸せは待っていても来ないことを痛感しました。

2016年は「青空文庫 朗読部」の創部を目指して頑張ります。

修論中間審査と就活と……

D社は技術アピール(5000行超えてるかな?という程度の規模のWebアプリケーション)で応募して、1次面接免除で2次面接からになりました。自分は、暇があればプログラミングで何か創ってきたので、自己紹介や志望動機以外では、それらを創った動機・想いなどを淡々と語るだけの素直な面接になりました。2次面接は無事に通過して、最終面接……の前にA社が開催している逆求人イベントに参加しました。

京大勢もその逆求人イベントに複数人参加していたけど、自分は大学入ってからも浪人時代の勢いで勉強・研究に打ち込んできたおかげか、資格面・プログラミング面でもまったく京大勢に劣っていないことが分かって少し嬉しかった。そして、京大勢でも将来やりたいことが全然ハッキリしていないことが分かって意外でした。(ハッキリしていたら逆求人イベントに来る意味もないだろうか?)

自分は「予期せぬ企業との出会い」を求めてその逆求人イベントに参加しました。30分(その内、最初の5分は学生がプレゼン) x 8セットを回した結果、P社と予期せぬ出会いがあって、参加したかいがありました。そして、予想通り、「GREE」や「DeNA」は自分がやりたいこととマッチしていないことが分かりました。

この逆求人イベントの3日後がD社の最終面接でした。2次面接時以上に和やかな雰囲気で素直な面接でした。逆求人イベント時に出会ったP社を遠回しにお勧めされて嫌な予感はしていましたが、やっぱり落ちました。最終面接で落とされたD社よりもP社のほうが適合度は高いけど、本当に就職できるのか不安になってきますね。

最終面接の2日後の2月19日は修論の中間審査でした。スライドも口頭発表も全部英語なので準備が少し大変でしたが、明け方まで英語の発音の練習をして、なんとかこなせました。

↓が英語でプレゼンする上で役に立ちました。(やや高価なのが玉に瑕)

国際学会Englishスピーキング・エクササイズ口演・発表・応答
国際学会Englishスピーキング・エクササイズ口演・発表・応答

1月振り返り&2月の目標

1月に主にやったことは

  • EBook::EPUB::Check リリース
  • 心理学のまともな本 4冊+αを読了
  • 心理学の論文漁り
  • 副テーマ レポート 提出
  • 主テーマ 研究計画書 1stドラフト提出
  • 休学願 提出

というところ。

2月の上旬で講義は終わるので、2月は倍ぐらい加速したい。2月にやることは以下の通り。

  • 統計学を復習
  • 読める心理学の論文を増やすために因子分析を独習
  • 休学願や研究計画書よりも人生を左右する書類を仕上げるために徹底的にサーベイする
  • 余裕があれば1年ぶりのTOEICに備える

研究でいちばん大切なコトはやっぱり文献調査だと思うべな

というわけで最近は自然言語処理の論文と心理学の論文を読んでいます。

とりあえず良さそうのを20個ほど探して「Mendeley」という論文を管理できるソフトウェアに登録したので、それを読んで紙にまとめて、全部読み終わったらそれらの論文の参考文献をたどっていこうかなと思っているところ。やっぱり読み応えがある論文は良く他人の論文を読んでいる。学部時代に文献調査の重要性を痛感させられたのでギリギリまでサーベイに集中したいです。

話はうってかわりますが、12月21日は学内のカウンセラーに紹介してもらった病院(精神科)へ行きました。長年暴言に耐えてできたトラウマを何とかしたいと思ってもどうにもできず10年。学内のカウンセラーとのカウンセリングで、成功体験を積んで自信をつける(というか危険でないことを再学習する)ことでマシになる可能性が高いという考えにたどり着きました。しかし、今は成功体験を積むための最初の一歩が強烈に重たい状態。その重さを和らげるために薬をもらってきました。薬もらっても引きこもっていたらもったいないので、できる限り人間と関わる機会を自分に提供しなければなりません。何とかして恐怖心みたいなものを取り除きたい。

院生活はあと1講義単位取れば残すところ修論のみなので、上手く修論だけ残して休学できそうです。休学直前までも頑張ろう。

休学したい

CodeIQのスカウト問題に挑戦したら企業から声がかかって東京の会社に訪問したり、いろいろありました。
情報セキュリティスペシャリスト試験は時間がなくて未受験。TOEICも入学後すぐの試験以来未受験。

Webアプリはもうすぐプロトタイプ第2弾ができるけど、テストはあまり書いていなくてテストはまだ200個ぐらいパスしたところです。
中々参考になるようなWebサイトも少なくて試行錯誤しまくり……。

夏休み終了までに副テーマを終えられないとキツくなると思っていたけど、予想通りキツい。
特に明日から12月末までに100時間LA(Laboratory Assistant Job)として働かないといけないので時間がまるで足りない。

副テーマ(Webアプリ)を完成させるために最近は休学を考えています。
これを完成させて修士の研究のデータを集めたい。
しかし、完成させてもデータが集まる保証は全くないのでギャンブル状態。(依然ギャンブル失敗確率のほうが高い)

休学するには
食費:12ヶ月x2万=24万
寄宿費:12ヶ月x1.5万=18万
で42万なので最低でも50万円ぐらいは必要か。
現在あるのは奨学金という名の借金を貯金しての20万円ぐらいだけなのでLAの給料を考慮してもかなりキツい!?

夏前ぐらいから受けているカウンセリングは交換日記方式になりました。日記書くと気分は若干楽にはなるけど一時的なものでしかないように感じます。
この先、延々と日記書いてカウンセリング受け続けられるわけでもないのにこんな一時しのぎ的なやり方でいいのだろうか。

宇宙兄弟でちょうどヒビチョフがパニック障害を克服する話をしているけど、克服しきれずに帰ってしまいました。
ヒビチョフみたいな暴露療法や認知行動療法を受けることできればベストだと思うけど、自分を治療するなら人間を複数人用意しないといけないので無料ではしてくれないのかな。

人間か人間と同等のものを自分で創らな治療できないのか……